電話占いのタロット占いや電話占いの危険性を調査

電話占いのタロット占いって気になったことはありませんか?
電話占いは対面ではなく相手が見えないので、タロット占いのようなカードを使う占いでは、実際カードを切っているのか不安になった人も多いと思います。

実は、タロット占いは実際にカードを使わなくてもパソコン上でタロットカードを切ることもできるのです。

今回は、タロット占いや電話占いに潜む危険性について調査してみましたので、気になる人は是非参考にしてみてください。

タロット占いとは?

タロット占いとはどんな占いなのでしょうか。

タロット占いとは、78枚のカードを使って運勢を占う方法です。

まずカードを裏向きにして机の上でシャッフルしてその中からカードをひきます。
カードには絵柄が描かれており、それぞれに意味がありその人の運勢を占いという方法です。

タロット占いは、今日明日の占いを占うのではなく、恋愛相談や仕事相談に向いています。

電話占いでよくあるトラブル

タロット占いなどで今人気の電話占いですが、実はトラブルもよくあります。

それは、主に金銭トラブルです。
電話占いは後払いシステムを採用しているところも多く、料金は10分や15分単位でかかれているためそこまで料金はかからないだろうと思っている人は意外と多くいます。
しかし、占い師と話しだすと「あれも聞きたい」「これも聞きたい」と思って気付けば1時間以上も時間が経過していて、数万円という料金を請求されたというケースもあります。

実は、電話占い会社側も少しでも会話を長く続けさせようとするので、初心者はなかなか電話を切りづらいということもよくあることです。

そういった人は、タイマーをかけるなど電話が長時間にならないように注意することが必要です。

また、最近多いのは「電話占い中毒者」になってしまうことです。

一度占いでびっくりくらいあてられて、その占い師の通り行動したら良い方向に向かったという人は、そこから占いに依存してしまうことがあります。

そういった人は、何かあるたびに電話占いを使うように依存してしまうので注意しましょう。

占いは悪魔で「参考程度」にとどめておくのがベターです。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、電話占いの中でタロット占いの内容と占いに潜むトラブルなどの危険性について紹介しました。

電話占いは、対面の占いと違って比較的短時間の単位で料金が決まっているので、ついつい会話が長くなってしまいます。

初めて電話占いをする人は、必ず聞きたいことを箇条書きにしてメモしておくなど、
効率的に会話を楽しむようにしましょう。

復縁したい時「電話占い」って効果がある!復縁が当たる電話占い特集【2020年】